そらのつぶやき

お気に入りブログ
リンク
カテゴリ
最新のトラックバック
Cheap soma w..
from Cheap soma.
Ephedra lafa..
from Ephedra attorn..
話題騒然◆日テレ新人アナ..
from 夏目三久「おもいッきりイイ!..
ベビーカーレンタルの話と..
from ベビーカー購入のお悩み解決
歌舞伎町 人妻デリヘル ..
from 風俗24時

<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ふぅ・・・ぎりぎり

フミの年末ライブリハーサルに50名様ご招待!
というのをファンクラブ企画でやっていて、それの応募締切りが明日。
しかも必着!

出そう出そうと思いつつ、気が付けば11月も今日で終わり。
さっきあせって出してきましたよ。
当るといいな~。

そういえば、そろそろチケ届きはじめてるんですかね?
わりとアリーナの確率は多いんですが、アリーナだからといって見やすいわけでもなく。
チビな私には辛い位置だったりすると、泣けてきます。
(去年がそうだった・・・)

今年はいい席がきますように~。

フォーラムで運使っちゃったから、ダメかなぁ・・・。
[PR]
by kujo_h | 2005-11-30 11:17 | フミヤ

蟲師 6話

「露を吸う群」

やっと見れた・・・。
ナギの声が思ったより高かったにょ。
でも、かわいかったのでよかったかも。

あこやが生き神になる過程や、蟲がにゅるにゅる出てくる動きは
アニメならではですねぃ。
今回は緑がほとんど無くてちょっぴり寂しかったけど、
あいかわらず海とか空とか、あと岩すらもキレイでした。

蟲に寄生された人達は、本来の人の寿命がくるまで
毎日毎日老いたり若返ったりを繰り返すのかな?
生まれてから死ぬまでを毎日繰り返す。
治療されても結局生き神に戻ってしまう人も何人かいるというのは、
ただ単に「現実逃避」な気もする。
寿命をまっとうしても、また次の日に新しい生を迎えられることがわかっていれば
「死」というものも怖くなくなるだろうし、なにより幸せに思えるかもしれない。

とはいえ、毎日人生リセットしてやり直してるけど、結局毎日同じ人生なんだよね~。
それは幸せなのか?「生きている」と言えるのか?

ギンコの最後のセリフは
「生きている限りは、いろんな可能性があるよ」ということなんだと解釈しておりますが・・・。
「普通に生きる」ってのは、なんとも難しいことなんだなと、色々考えちゃう時もあります。
なんか最近ね、「これから先の時間」というものが怖くなる時があります。
「果てしなく膨大な時間」と思える時も、「残り少ない限られた時間」と思える時もあって、
どっちにしても怖い。
時々、ちゃんと生きてないんじゃないかと不安になったりして・・・。
一生を終える時には、満たされた気持ちで逝きたいなぁ。

なんかまとまりなくてスイマセン~
[PR]
by kujo_h | 2005-11-28 21:18 | 蟲師

ワンピース 感想

・アニメ
1時間スペシャル&○秘スペシャル企画付き。
ということで期待。

とうとう、とうとうきました。
「女のウソは許すのが男だ」
「ビンゴ!」

数ヶ月の沈黙を破って(笑)コックが帰ってきましたよ。
さぁ、祭りの始まりだ~~!

そして、スペサル企画。
「サッカー王」かよ。
なんでいまさら「サッカー王」なのかよくわかりませんが、
とにかくサンジが主役(違う?)なので、ちょっぴりうれしかったりw
「グランドライン一周させちゃうキック力」
と、船長にも認められてるってことよね。

・WJ
表紙&巻頭カラー
ゾロ・・・火を吹き消さないでくださいよ・・・。
この後、コックとケンカになるんだろうなぁ。萌えw

さて本編。
一味勢揃いして、いよいよ本祭りだ~~!!
と、喜んだのもつかの間。
ロビンちゃんの過去編へ突入・・・。
まぁ、ロビンちゃんの過去も気になってはいたのでいいけど。

8歳の時点では、親戚?のおうちにやっかいになってる様子。
とはいえ、ほとんど召使い状態。
自分達家族は外にごちそう食べに行ってて
ロビンちゃんには「ジャムは使いすぎないように」って、なんてセコイんだ・・・。

でも、ちゃんと優しくしてくれる人達もいて。
この人達がいたから、なんとか生きていけたんだろうし
ロビンちゃん自身も優しい心を持つことができたんだろうね。

でも、いぢわるな親戚も、優しい人達も、いずれは・・・。
フランキーが言うところの「どんだけ重いものを背負ってるんだ」になるのかぁ・・・。

ということで、コックの今年の出番は今回で終わりね。おそらく。
年末予定の最新刊と、1月の画集に期待です。
[PR]
by kujo_h | 2005-11-28 11:38 | ワンピース

なまり亭

当日はだーに邪魔されて見れなかったので、昨日の休みに堪能しました。

はなまると同じく、オールバックにメガネ。
う~ん・・・それでもかっこいいんだけど、やっぱちょっとなぁ・・・。

内容はおもしろかった!
特に尚ちゃんとの電話はね~。
いくら関東の人をお嫁さんにもらったからといって、
尚ちゃんのなまりが直るとは思えないですよ(笑)

マシューと同じく、「老眼」のくだりはちょっぴり泣けてきました。
が、がんばれっ。
まだまだイケるぞ。
しかし、山川恵里佳ちゃんにちょっかい出す様はオヤジですがな^^;

まだまだイケるといえば、昨日テレビで男子バレー見て驚き。
荻野さんが全日本キャプテンとして活躍してるじゃないですか。
昔すっごい好きで、この人目当てでバレー雑誌買ったりした時期もありました。
昨日見た限りでは、なかなかに活躍していてうれしかったな~。
「頑張れ、おぎ~!!」と言って応援していた頃を思い出します。
[PR]
by kujo_h | 2005-11-24 11:06 | フミヤ

ワンピース WJ感想

扉はぼんちゃん対ヒナ嬢。
ど、どうなるんだ?ヒナ嬢には勝てないよね・・・。
またつかまってしまうのか??
頑張れ、ぼんちゃん。

さて本編。
もう、ほんと、さすがです。船長。
ロビンちゃんの気持ちを、ググっと引き寄せてくれます。
「とにかく助けるから、死にたいならそれから死ね」
「そういうのは、おれ達のそばで言え」

ロビンちゃんも涙浮かべてたけど、私も泣きそうになった。
かっこいいなぁ。

そしてそして。
マリモ君に先越されて、悔しがってるコックが1名いましたが(笑)
もう、しょうがないよ。剣士には勝てないんだよ・・・。
まぁ、それはそれとして。

揃ってくれましたね。
先週ちょっと心配だったんだけど、よかったよかった。
これで今度こそ、本祭りだね。
来週が楽しみだ~~!

ところで、ワンピとは全然関係ないんですが。
テニプリが実写映画だそうで。
マンガの実写映画化、大ハヤリですねぃ。
もし、ワンピが実写映画化されたら・・・
サンジ役の人のまゆげが気になりますねw
[PR]
by kujo_h | 2005-11-21 11:12 | ワンピース

蟲師 第5話

「旅をする沼」

祝!化野先生、初登場!!
お声はうえだゆうじさん・・・うん。合ってるんでないですか?

今回のはいわゆる「生贄」にされてしまった少女の話ですよねぇ。
村だか町だかの為に犠牲になる。
それでほんとに救われるのかわからないのに。

「ほんとうは生きていたい。」
ギンコってそういう思いに敏感ですよね。
なんとしても生かしたい。それもできればあるべき姿のままで。
人は人として、蟲は蟲として。
その為に頑張っちゃう姿がかっこいいんだよな~。

そして頑張った結果、少女は救われ幸せに暮らしましたとさ。
う~ん、ハッピーエンドはやっぱ気持ちいい。

原作はモノクロだったのでわからなかったけど、
きれ~な緑色の髪の毛でしたね。
海も空も山もきれい。いいアニメだわ~。
[PR]
by kujo_h | 2005-11-21 10:47 | 蟲師

フミヤ in 東京ドーム??

まぁ、今朝見た夢のお話なんですがw
楽しかったので記録しとこうかと。

********************************************

なんと東京ドームでフミヤ氏の無料ライブ開催!
開始直前に知った私と友達は急いで会場へ向かうもすでに長蛇の列ができていた。
あわてて並んでみたが、2階席の後ろの方。
ステージ上のフミヤ氏は豆粒状態。
すっごくでっかいモニタが設置してあるんだけど、映ってるのはどこかの景色ばかり(紅葉だった)

ところが、アリーナを見ると全然人がいない。
そこで前につめることに。
どんどん前へ前へつめていくファン達。
すでにステージ上ではライブが始まっている。
が、なぜかミュージカル風。
抽選で選ばれた一般の人達が参加していた。いろんな世代の人がいる。

それをうらやましく思いながらも、どんどん前へつめていくファン。
いつのまにやら最前列にいる私(笑)
とうとうステージにまで上ったところで、「まてまて」と制止するフミ。
「今、境界線作るから、そっから出ちゃダメ」といいながら自らペンキで線を書き出す。
が、途中で「はい」と私に渡して「ここらへんね」と指示を出してステージに戻った。

友達と2人で線を書きつつずーっと横に移動していくことに。
その間にライブを再開。今度は普通のライブ。
「うぅ~、見たいよ~」とか嘆きつつ、ひたすら線を書く作業・・・。
でも、ふと気が付くと野外になっていた(どこかの屋敷の庭?)

線なんか関係なく、フミのまわりに集まる人達。
フミの周り半径1mぐらいに柵で囲みがあった。
またもいつの間にか最前列に陣取っているうちら(笑)
今度は歌ではなく、ファンと直接トークをすることに。
順々に話していって、私の番。
目があってニコっと笑いかけられ、「うひゃ~、さっきの線引き作業褒められるかな~」
と思ったら「あぁ~」と何かを思い出して「ねっ」と一言。
へ?何が「ねっ」??
(・・? になっているうちに次の人へ。

と、また場面変わって、フミはステージ上で歌っている。
ステージにはたくさんの荷物があった。どうやら撤去作業中。
でもフミは歌ってるし、ファンは見てるし。
で、やっぱり最前列にいる私・・・。
荷物が落ちてくるのを押さえつつ見てました。

ライブが終わって、またしてもファンとの交流。
が、今度は両者密着。クラブでホステスはべらせてるカンジw
「あら~、フミヤさん、随分ばっさりと髪の毛切ったのね~」
とか話してたら・・・・誰だ、アンタ。
いつの間にか知らないオジサンになってた!

ところがその人がステージに上がると、フミに変身。
なんじゃ、そりゃ。

てなところでお目覚め。
もう、願望と妄想と入り混じって突っ込みどころ満載ですが、そこはまぁ夢なので。
どうも2日間だんなが仕事で帰ってこず、フミのライブDVD見まくってたのが影響してるかと。
あぁ、夢もメディアに記録できたらいいのにな~w
[PR]
by kujo_h | 2005-11-18 10:40 | フミヤ

ワンピース 感想

・アニメ
アイスバーグさんが色っぽいw
・・・それだけかよ・・・

・WJ
あ~~~モヤモヤイライラする~~~
ロビンちゃんに対してです。
今までは、どんなに卑劣な敵が出てきても、「敵」だったから素直に憎めたんですが。

20年という年月は、あまりにも長くて重くて。
唯一ロビンちゃんの命を繋ぎとめていた「リオポーネグリフ」
もうすでにその存在を諦めてしまってるようなので
イコール自分自身の存在も諦めてしまったってことなのかな。
それと同時に、生まれて二度目の「仲間」を危険にさらしてしまったことと、
いくら言っても「仲間」が自分をほっといてくれない重圧。
ロビンちゃんもモヤモヤイライラしてるんだろうな・・・。

フランキーまでもが手助けしてくれているのに。
もうルフィの声も届かないんでしょうか・・・。

手強いな~。
船長、頼みますよ。ロビンちゃんを真に救ってあげてくれろ。

今週、コックの出番無し~。
CP9がルフィの前に揃っちゃいますが、麦わら一味は何しにどこに向かってるんだっけ?
[PR]
by kujo_h | 2005-11-14 12:04 | ワンピース

蟲師 第4話

「枕小路」

今週もギンコがかっこい~~vv

原作で読んだときはこの話あんまり好きでなかったんですが
(おっさんがメインのせいか?(笑))
今回すごくおもしろかったです。

夢ってすごくおもしろい存在ですよね。
自分でコントロールできなくて、人に見せることもできなくて
起きてしばらくすると忘れてしまう。
幸せだったり、悲しかったり、怖かったり・・・。
でも、それは現実ではないから、一喜一憂しても一瞬だけ。
それが現実になってしまったら。それはそれは恐ろしいことです。
私よく殺されかかってるしな~(汗)

今回も原作どおりの展開だったんだけど、
「あの時、お前が俺をだましたってことにな」
と、ジンがギンコに向かって言い放ちCMへ。
っていう演出にゾクゾクしましたよ。
雁というか夢野間の群れの下、自分の家を見つめるジンというシーンもすごかったし。
ほんと、この時間にやってるのがもったいない気がする。
[PR]
by kujo_h | 2005-11-13 11:30 | 蟲師

丸ビル クリスマスイベント 

結局時間ギリギリに到着。
すでに2階3階どころか、4階5階も人がいっぱい。
抽選であたった人達が入場するのを尻目に、まずは3階へ。
う~ん、よく見えない・・・。
そこで2階へ。ガラスでしきられているところを避け、
ステージ正面の通路へ行ってみるも、やっぱり見えない。
仕方なく3階へ戻り、なんとか人の隙間からステージが見えるところで待機。

開始は17時とのことだったが、なかなか現れない。
司会の方が「予想外に人が集まったので、警備の関係で遅れています」
との説明をしていたけど、やっぱりここでもなめられてるぞ・・・。
去年もやってわかったじゃん。ものすごい人が集まるってのはさ!

約30分押しでやっとフミヤ氏現る。
去年と同じに来るかと思ったら、なんと2階からエスカレーターでの登場ですよ。

背伸びしたり、かかんでみたり。
なんとか隙間から見えたフミヤ氏は、オールバックではなく自然におろしてメガネ無し。
はなまるの時と同じかな?白いタートル。ジャケットの色は失念。

「Pink Champagne」からはじまり、
「ひとりぼっちのラブソング」
「星空の片隅で」
「snow crystal」
と、次々と歌いあげていく。
あぁ、なんていい声なんだ~。来てよかった~。

この間に見えないので、2階へ移動してみる。
やっぱり見えない。
んだけど、3階より音がいいみたい。正面だから余計に。

でも、ちゃんと姿を見たい!
そこで禁断の「エスカレーター」を使ってみることにしました。
フミヤ氏が登場したエスカレーターで1階へ降りると。

うほほ~~!ばっちり見えるじゃん!!!

しかも、ちょうどこっち見てくれて、目が合ったよ(また勝手な思い込みw)
しばらく見つめあってたけど(笑)、無常にも1階に到着。
すると1回外に出なくちゃいけないのよね。
ぐるっとまわって、また2階で見えないまま歌声を楽しむ。

すると「ここでゲストです。一番気軽に呼べるゲスト」
そうです。尚ちゃんです。

「寝顔」
「白い雲のように」
を歌ってくれました。
尚ちゃん見たさに、またエスカレーターを使用^^;
ずいぶんと短い髪なのね。グラサンは大きめのものでした。

「記憶」
「TRUE LOVE」
などを歌い、いよいよ最後の曲
「君が僕を想う夜」
姿は見えなかったけど、ライティングされた外の木々を眺め、ひたっておりました。

その後、尚ちゃんを再び呼んで、心理テストなどをやり、年末ライブの宣伝をして退場。
またエスカレーターに乗って去っていきました。

あ~、行ってよかったです。来年やってくれたら、今度は早めに行きます!

生歌、サイコー!!
[PR]
by kujo_h | 2005-11-12 19:50 | フミヤ


ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧